canarino blog

PCオーディオ・ネットオーディオ情報&レビュー
担当SによるPCオーディオに関するあれこれ(非公式)
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 【御礼とご報告】「アナログレコードを自炊アーカイブしてオリジナルハイレゾ音源を作っちゃうおうぜ」イベント
    yoko (06/28)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    担当S壱号 (06/09)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    元マニア (06/08)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    ボブ (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    行けない人 (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    とおりすがり (06/05)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【さらに補足】 “80年代女性アイドル歌謡” に関連する情報をご案内します
こんにちは。今だにアタマの中が80年代のS弐号です。

前記事 【御礼と雑感】 “オリオスペック Presents 80年代女性アイドル歌謡祭” を振り返って” に関連したネタを。

アドバイサーの井上さんからも、 “80年代女性アイドル歌謡” に関連したweb情報を頂戴しましたので、
新記事として補足させていただきますね。

その頃のアイドルって、決して会いに行く事は出来ないブラウン管の向こう側だけの存在。文字通り“偶像”
私たちには知る由もない“偶像たちの内側”とは、
関係者だけが触れる事・覗く事を許されていた “内々の出来事” と言えるのかも。
そんなエピソードを今お聞きできるのって、やっぱり胸がドキドキしますよね?
アイドル自身やその楽曲に込められた想いに対し、より深い理解のための助けを与えてもらえた感覚。
それは、見方や楽しみ方の角度がまたひとつ増えていく喜びでもあります。


小泉今日子ハイレゾ配信開始!当時のディレクター・田村充義さんに訊くレコーディング秘話! 〜 mora

前記事の追記に示すリンクとも関連するお話です。
当時、どんな人たちが何の役割を持ち、どの様に楽曲を作りあげていたのか、そんな過程の一端がわかりますよ。
「え?あの曲のあの楽器の音って実はそうだったの?」っていう爆弾も仕掛けられてます(笑)
筒美京平や馬飼野康二の名前が出たり、スタッフが考えるキョンキョンと他のアイドルのポジショニング、
当時の音楽シーンの移り変わりなんかも語っておられます。やっぱり面白いです。


キョンキョンつながりで、お亡りになった佐久間正英さんのブログ記事。

真っ赤な女の子の編曲を手掛けられた、佐久間正英さん。
その時の話に絡めて、ご友人であった茂木由多加さんのお話に触れておられます。
この茂木さん、佐久間さんのそれと近い時期に、早見優さんの夏色のナンシーの編曲を手掛けていらしたそうです。
おふたりの浅からぬ縁に加えて、真っ赤な女の子も夏色のナンシーも共に筒美京平の作曲という事実、輪を掛けます。
この2曲に対して思う、佐久間さんの本音なのかもしれない “グッとくる言葉” が綴られている記事。
主役のアイドルだけには留まらない、才能とセンスを有した一流の制作者たちによる熱く静かな競い合い。
表と裏、両面において鎬を削っていた事実、そこに偲ばれます。


松田聖子を発掘した名プロデューサー、若松宗雄氏にインタビュー! レコーディング秘話を語る! 〜 mora

これも読みごたえがあります。素質あふれる規格外な新人時代のエピソードをはじめ、
松本隆、三浦徳子、大村雅朗、大瀧詠一(多羅尾伴内)、松任谷由美(呉田軽穂)という、
作詞・作曲・編曲の面から聖子ちゃんに魔法をかけつづけた、豪華絢爛な才人に纏わるお話が綴られます。
松任谷由美と若松さんのやりとりはとても面白いですよ。
ここでも他のアイドルに対するマーケティング戦略的な話に触れられていますね(笑)
加え、当時のアイドルにおける新曲のリリーススパンにも言及されていて、
アイドル黄金期と呼ばれるに相応しい裏側を少しだけ垣間見た気がしました。


以上、お楽しみくださいませ。
 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.olio.co.jp/trackback/95
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.