canarino blog

PCオーディオ・ネットオーディオ情報&レビュー
担当SによるPCオーディオに関するあれこれ(非公式)
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 【御礼とご報告】「アナログレコードを自炊アーカイブしてオリジナルハイレゾ音源を作っちゃうおうぜ」イベント
    yoko (06/28)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    担当S壱号 (06/09)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    元マニア (06/08)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    ボブ (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    行けない人 (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    とおりすがり (06/05)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【naimaudio mu-so インプレッション2】 〜 しっかり作りこまれた操作アプリは、なんと日本語化済。シャレたボディにも色々とですね・・・
【しっかり作りこまれた操作アプリ。なんと日本語化済】

操作は、本体ボタンや通常のオーディオ機器に付属するリモコンで可能なんですが、
なんといっても、スマホやタブレットを使い、全機能をGUIベースでフルコントロールできちゃいます。
iOS、Android共にアプリが提供されていますので、プラットフォームは選びません。

タブレット01.jpg
<操作アプリのTOP画面 上:INPUT切替 下:Internet Radio>


この操作アプリ、しっかり作りこまれておりまして、特にGUIがよく出来ています。、
見た目が美しいですし、直感的な操作が可能です。
多機能なのに、とてもシンプルな操作系と言えますね。
しかも、アプリは日本語化済なのです。
「機械操作がちょっとニガテ・・・」とおっしゃる皆さまでも、
とりあえず5分操作してみたらバッチリ覚えちゃうんじゃないか?ってくらいです。

タブレット03.jpg
<USBメモリ内のフォルダ表示>

タブレット04.jpg
<フォルダ内の音源ファイル(例は、waveファイルのためアルバムアートなし)>

タブレット06.jpg
<プレイバック中の楽曲表示>

純正リモコン.jpg
<通常タイプのハードリモコンも付属>


【外装デザインから俯瞰する】

ヘアライン加工されたアルミニウムの外装が目を引きます。
エッジがしっかり立っていますので、見た目がシャープで高級感があります。
オシャレ感、満載です。

s-Naim_mu-so_view001.jpg
<サランネットを付けた状態。鋭角なヘアライン入りアルミ筐体とアクリル製のベース>

しかしながら、これはアルミ単一の筐体ボックスではありません。
アルミの内側、実はMDFのエンクロージャーになっているのです。
そう、単体スピーカーのエンクロージャーに最も利用されている材料です。
MDF、木くずを圧縮成形したものでして、
その特性からスピーカーエンクロージャー用途には相応しい材質です。

木質エンクロージャーの周囲をアルミで囲っているわけですから、
響きの良さに加え剛性も高まる、といった具合です。


<アルミ筐体の中はMDFによるボックス構造。すなわち、スピーカーエンクロジャーそのもの>

mu-soから音が出ている時、スピーカーユニットの上の部分のエンクロージャーに
耳を当ててみてください。筐体が鳴くような余計な音がありません。
つまりこれ、「サウンドが濁っていない」という証明です。
前述した、MDFとアルミによるmu-soの筐体構造によってなせるワザ。
この点、プラスチック筐体が鳴きまくるCDラジカセとの一番大きな差異と言えます。

スピーカーユニットからの出音についても、高域や低域を無理矢理誇張させる様な事をしていません。
小手先のテクニックで、派手に虚飾するスタイルをとっていませんので、
一聴すると地味なサウンドなんですが、それはなんとも自然に感じ、まず聴き疲れしないのです。
そうです、これはゼネラルオーディオにカテゴライズされる製品ではなく、
一般音楽リスナーに向けたHiFiシステムなのであります。


mu-soコントロール.jpg
<本体での操作はここで。丸いところを回すとボリューム。重すぎず軽すぎない心地よい操作感>

ヒートシンク.jpg
<リア側:ヒートシンク状のアルミ製フィン。この裏面にWi-Fiのダイバーシティタイプのアンテナを内蔵>

つづく
 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.olio.co.jp/trackback/76
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.