canarino blog

PCオーディオ・ネットオーディオ情報&レビュー
担当SによるPCオーディオに関するあれこれ(非公式)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 【御礼とご報告】「アナログレコードを自炊アーカイブしてオリジナルハイレゾ音源を作っちゃうおうぜ」イベント
    yoko (06/28)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    担当S壱号 (06/09)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    元マニア (06/08)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    ボブ (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    行けない人 (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    とおりすがり (06/05)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【新サービスのご案内】 自宅出張によるPCオーディオのご試聴&レクチャーサービスを始めます
『自宅のシステムで聴かなきゃ、やっぱり判断出来ないんだよね』

オーディオファイルの皆様のそんな声にお答えし、機材と共にスタッフがお客様のオーディオルームまで出張させて頂く、
PCオーディオ導入支援のための自宅試聴サービスを開始致します。
オリオスペックのPCオーディオスタッフが同行します事から、製品仕様に限らず、初期設定から使用方法に至るまでの
説明対応が可能です。
すなわち、ご自宅のリスニングルームにも拘わらず、オリオスペックの店舗と同じスタイルでご試聴と製品のご検討を
頂くことが出来ます。

この試み、製品のお貸出による通常のご自宅試聴よりも、もっとキメ細かいサービス仕様にする想定です。
サウンドを出すまでの初期設定は、私どもがお客様のリスニングルームにて直接支援致しますので、どうぞご安心を。
お目当てのUSBDACを自宅試聴用に借りてはみたものの、PC側の設定が出来なかったり、トラブルが解決出来なかったり
という不幸なアクシデントで、折角の貸出試聴期間中全くサウンドが聴けなかった・・・
なんて、折角の貴重な時間を無駄にするような事はありません。
また、PCオーディオの導入が初めてで使いこなせるかとても不安、と仰るお客様にもご安心頂けるよう配慮させて頂きます。

このサービス、まずは実験的に開始しつつ、お客様のニーズを把握していきたいと考えております。
踏まえ、まずは以下の条件でサービスをスタート致します。

----------------------------
▽出張範囲:東京都下
※上記以外にお住まいの方は別途ご相談ください
▽サービス条件:以下に挙げるPCオーディオ製品について、ご購入前提で検討されている皆様
※代表者一名様のリスニングルームをご利用であれば、出張試聴時は複数の方のご参加でも結構です
▽自宅試聴対象機器:
・D/Aコンバータ&プリアンプ: Mytek Digital Manhattan DAC/PREAMP
・D/Aコンバータ: CHORD DAVE ※事前に御相談ください
・D/Aコンバータ: CHORD HUGO TT ※事前に御相談ください
・D/Aコンバータ: CHORD 2Qute ※事前に御相談ください
・D/Aコンバータ: exaSound e22 mk2 ※事前に御相談ください
・D/Aコンバータ: Mytek Digital Stereo192-DSD DAC
・オーディオ向fanlessカスタマイズPC: Oliospec Ritmo2
・オーディオ向fanlessカスタマイズPC: Oliospec Ritmo Fils
・オーディオ向fanlessカスタマイズPC: Oliospec Ritmo DSD PLAY PRO
・オーディオ向NAS: Buffaro DELA N1Z ※事前に御相談ください
・オーディオ向NAS: Buffaro DELA N1A
※その他ご希望のD/Aコンバータや機材等ございましたらご相談下さい。

▽ご試聴時間:3時間+α程度を目安
 ※ご希望を頂ければ、操作説明等のPCオーディオに関するレクチャーも行わせて頂きます
▽費用:出張試聴サービス費用5,000円 + 交通費実費
 ※出張試聴サービス費用5,000円は、ご成約の際にお支払代金の一部として充当させて頂きます
   ※本サービスのご利用料金はお試し価格です。今後サービス内容の見直し等で変更する場合がございます

本サービスに関するお問い合わせにつきましては、以下までどうぞ。
・メール (pcaudio@oliospec.com)
・お電話 03-3526-5777 (PCオーディオ担当 酒井)
----------------------------


〜 PCオーディオやネットワークオーディオの導入に迷われている、オーディオファイルの皆様へ 〜

機器選び、セッティング、ケーブル、etc。
どんなに慎重にシステム構成を詰めていったとしても、
どうしてもしっくり来ない曲や今一歩納得がいかないアルバムが、大抵一つくらいあるもの。

そんな曲のチューンのため機材に手を入れるとすれば、それは見方を変えると上手く鳴っている曲の変化をも齎すということ。
他の曲は満足してるにも拘わらず、その曲のためだけに再びシステム構成を弄る必要が本当にあるのだろうか?

こんな話、ベテランのマニアさんであればあるほど頷かれるのではなかろうかな?と思うのです。

そこで、ご提案したいのがPCオーディオの活用。
悩める問題への解決手法のひとつとして、現環境内でPCオーディオを積極利用してみませんか?という事。

では、PCオーディオのどのような点が悩める問題への解決へと導ける可能性があるのでしょうか?

オーディオマニアが囚われがちな点を挙げるならば、ハードウェアだけが音を左右しているとついつい考えてしまうところ。
しかしながら、PCオーディオの場合はUSB I/F以降のDAコンバータのハードウェア処理に限らず、
PC側で利用している再生ソフトの処理においても大きくサウンドが変化するのです。
つまり、再生アプリケーションソフトそれぞれのサウンド基調が存在しているという事。
ましてや、再生ソフト側の可変可能な設定パラメータについて見てみると、
サウンドチューンに大きく関わる項目を多彩に実装している、カスタム要素の強い製品すら存在しています。

そんな事が自在に出来うるのも、PCが持つCPUやメモリなど処理能力の高いハードウェアリソース、
それらの能力に裏付けされたソフトウェアベースの処理動作であるがゆえ。
しかもPCですから、再生アプリケーションソフトは何種類だってインストールしておいてよく、
利用する度に起動するプレーヤーを好きに変えてみればいいだけ、という特徴もあります。
『ユーザーに委ねる自由』、これまでのオーディオ機器では出来なかったとても大きなアドバンテージ。


ハイレゾ・DSDというと、兎角「より正確」「元のデータは何々で、それを変えるとどうの・・・」など、
なんだか堅苦しい話が多くなります。PCオーディオの時代になってからというもの、
元のデジタルデータのクオリティを維持したまま、多様に可変させる事が容易になったのは紛れもない事実。
これを素直に「恩恵」と捉えて、あえて積極的に利用してみてはどうかな?と思うわけです。
はい、スピーカーやアンプを選択することで好みの音調に合わせていくように。
そのような感覚で「PCオーディオの恩恵」を柔軟に捉えつつ、サウンドチューンを活用してみるならば、
ここまで手塩に掛けて育ててきたシステムの基本構成を弄る必要など無くなるように思うのです。

CDプレーヤーやSACDプレーヤーの様なシルバーディスクと対立軸ではなく、それらと共存するPCオーディオ。
CDで、またSACDで上手く鳴っている音源を、わざわざハイレゾやDSDにしてPCオーディオで聴く必要があるのか?
でも、やっぱりそれらで上手く鳴らない音源はPCオーディオの多才なチューンによってハマるポイントを、
ユーザー自身で探し出してみる。そうですね、言うならば“アナログレコード時代のカートリッジ交換”のように。

PCオーディオは、ハイファイ的に見るともうかなりのレベルに到達してきたように感じます。
考えてみれば、今のレコーディングはPCベースのノンリニア。
オープンテープデジタルマスターから主役が移って既に久しいです。
レコーディングやマスタリングがPCベースでクオリティを維持しているのに、
何故アウトプット側で導入するのに躊躇する必要があるのか?
録音側の視点まで拡げてみますと、そんなことすら感じ取ることが出来ます。

私どもオリオスペックは、PCオーディオ周辺の使いこなしに関して全力でご支援する事が可能です。
オーディオには一家言を持っておられるベテランオーディオマニアの皆さまの更なる喜びのために。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.olio.co.jp/trackback/124
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.