canarino blog

PCオーディオ・ネットオーディオ情報&レビュー
担当SによるPCオーディオに関するあれこれ(非公式)
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
  • 【御礼とご報告】「アナログレコードを自炊アーカイブしてオリジナルハイレゾ音源を作っちゃうおうぜ」イベント
    yoko (06/28)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    担当S壱号 (06/09)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    元マニア (06/08)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    ボブ (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    行けない人 (06/06)
  • 6/6(土)みんなで比較試聴!NAS用HDDでネットワークオーディオの音質は変わるのか!?
    とおりすがり (06/05)
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
GENELEC Active Loudspeaker 「G One」「G Two」がオリオスペックにやってきた
GENELEC Active Loudspeaker 「G One」「G Two」がやってきました。
しばらくの間常設展示致します。PCからの接続、各種DACからの接続、iPhone等の携帯端末からの
直接接続等々、様々な聴き方でご試聴頂けます。

「GENELEC」と聞いてもピンと来ない方も多いかと思いますが、実は世界中の音楽スタジオへ導入されている
スタジオ・モニター・スピーカーのスタンダードとも言うべき実績のあるメーカーです。
今回発売されたG One とG Two は、長年のスタジオ・モニター開発で培った技術を元にホーム・ユースでも
スタジオ・クオリティーの音質をお届けしようと企画されたアクティブスピーカーです。
GENELEC だからこそ味わえるスタジオ・サウンド・クオリティー。
この機会に是非「G One」「G Two」の実力をお確かめ下さい!

「G One」「G Two」の主な特徴
  • このサイズながら高域・低域各ユニットにそれぞれアンプを搭載したバイアンプ方式
  • すべての GENELEC ラインナップに搭載されているメタル・ドーム・ツイーター搭載
  • 設置面への振動をカットしてスピーカー本来の「鳴り」を実現する Iso-Pod™
    様々な設置に対応できるようスピーカー本体の角度も調節可能
  • 卓上からの反射の影響を軽減する TABLETOP CONTROL を搭載
  • ISS™(Intelligent Signal Sensing):無音状態が 1 時間程度継続すると自動的に低消費電力の待機状態になり、待機状態時に音声信号を検出すると瞬時に動作を開始
  • コントロール:TABLETOP CONTROL、BASS TILT(-2/-4/-6 dB)
  • 入力:RCA ピン・ジャック
  • 付属品:ミニプラグ-RCA ケーブル、RCA-RCA ケーブル、電源ケーブル、取扱説明書、セットアップガイド、製品登録カード

販売ページはこちら


「GENELEC」について
サンタクロースとムーミンとシベリウスで有名な北欧の国フィンランドに 1978 年に誕生した GENELEC 社は、
今では一般的になったスピーカー・ユニットと電源とパワー・アンプをひとつにした『アクティブ・スピーカー』
を世界でいち早く実用化したスピー カー・ブランドです。
その製品は、世界各国の大規模レコーディング・スタジオや放送局に続々と導入されて行き、音楽クリエイターや
DJ、サウンド・エンジニアを始めとしたプロオーディオの世界の人々の間でアクティブ・スピーカーの代名詞的
ブランドとなり、世界中の音楽スタジオのスタ ンダード・ツールとして採用されています。

近年では、そのラインナップの豊富さから、ホームシアター用途や PC/TV スピーカー、携帯音楽プレーヤーの
外付けスピーカーとしても、世界中の方々に愛されるブランドとなりました。

GENELEC『G One/G Two』と『F One/F Two』をデザインしたのはフィンランド人インダストリアル・デザイナー
Harri Koskinen[ハッリ・コスキネン]氏です。

DESIGN HOUSE Stockholm、Ittala やイッセイ・ミヤケとの仕事で有名な氏は、ヨーロッパでは著名な
インダストリアル・デザイナーで、1996 年に発表した代表作 “Block Lamp” は MoMA(ニューヨーク近代美術館)
の永久展示品に選出されました。

『F One/F Two』の元となった GENELEC『5040』はヨーロッパで権威あるデザイン賞『フィニアプライズ』で
最優秀賞を獲得しました。

それはスピーカーの存在を忘れさせるほどに原音に忠実(Hi-Fidelity)であること。

クラシック音楽であれば、まるで一流のコンサート・ホールの特等席にいるかのように、
ロックであれば、まるでバンドがあなたのためだけに演奏しているかのごとく、ジャズであれば、奏者一人ひとりの
息遣いが感じられ、ダンスミュージックであれば、湧き上がるフロアの臨場感を ...

それぞれの音楽が持つその空気感を表現し、あたかも目の前でその演奏が繰り広げられているかのような音質を
獲得するために、様々なオリジナル・テクノロジーを駆使して GENELEC 製品は作られています。


メーカーWebサイト:http://www.genelec.com/
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.olio.co.jp/trackback/108
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.